Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

Xサーバーでサブドメインを設定する方法

Xサーバーでサブドメインを設定する方法

最近なぜだかサブドメインが気になっています。ぼくはサブドメインを今まで一切使っていないのですが、キーワード調査などをしていると最近サブドメインのサイトがよく目につくんですよね。

新規にサイトを作るときは、SEO的にはサブディレクトリで作成したほうがドメインパワーを利用できるので、いろんな専門家もサブディレクトリを推奨していますし、ぼくもそのほうがドメインパワーを引き継いでる実感があります。

サブドメインは新規ドメインと変わらない?

事の発端は「.jp.net」というドメイン。ぼくはこのドメインのサイトを一つ持っているのですが、なぜだか妙に強いんですよ。新規で取得したまっさらなドメインで、最初は何ら変哲のない感じだったのですが半年後ぐらいからぐんぐん強くなり、今ではぼくの集客サイトのエースにまで成長してくれました。
コンテンツはそれなりに頑張って作ったので、コンテンツが評価されてのものかもしれませんが、被リンクもほとんどなく、2~3のいいね!とツイートを獲得するぐらいの低レベルなサイトです号泣する顔。記事数も30ぐらいと特に多いわけではありません。

やっぱり上手くいったサイトを分析してどうすれば上位表示できるかを考えることは大事だと思い、考えた結果「コンテンツ」か「サブドメイン」しか思いつかないんですね。

コンテンツは自分なりには頑張っていますが、ソーシャルで多く拡散されているわけでもないし、被リンクが多いわけでもありません。それなのにコンテンツの質がいいと判断されて上位表示できているというのもちょっと考えものです。

「.jp.net」というドメインは結局「http://jp.net」のサブドメインだと思います。「http://jp.net」自体が強くても関係ないはずなんですけど…ね。

初めてのサブドメイン

でもなんか気になるんですよ…悩む顔。強い(強そうな)ドメインのサブドメインのサイトがいろんなキーワードで上位にいるのを確認しています(もちろんDSライバルショップ)。ドメインパワーが関係ないならそのすべてで被リンクやら内部施策で上位に来てるはず。でも内容をチェックしたところ、それほど素晴らしいコンテンツではありませんし、サブドメインのペラページも多く見かけました。それでも上位にいるということは、効果的な被リンクがあるのでしょうか。

あれこれ考えても分からなかったので、初めてサブドメインを取得してサイトを作ってみることにしました。使ったドメインは持っている中で最強クラス(あくまで持っている中であきれる顔)のもの。サブドメインが新規ドメインとほぼSEO効果が同じなら、その順位の推移も似てるはずなので検証してみることにします。何事も自分で試したことが一番しっくりくると思うので。

Xサーバーでサブドメイン取得

利用するのはXサーバー。Xサーバーはサブドメインを容量の許す限り増やしていいようなので、良さそうならじゃんじゃん増やせます。サブドメインはSEO的には分かりませんが、無料なのがいいとこですね。特に難しいことはありませんが、せっかくなのでXサーバーでサブドメインを取得する方法を紹介します。

まず複数ドメインを設定してる場合は、対象ドメインをサブドメイン設定したいドメインに変更します。

Xサーバーの画面

次の「ドメイン」の項目の「サブドメイン設定」をクリック。

Xサーバーの画面

するとサブドメイン設定の画面になるので「サブドメインの追加設定」をクリックします。

Xサーバーの画面

設定したいサブドメイン名を決め、分かりやすいコメントを記入し「サブドメインの追加(確認)」をクリックします。

Xサーバーの画面

問題なければ「サブドメインの追加(確定)」をクリックします。

Xサーバーの画面

これで設定は完了。次のような画面が出ればOKです。

Xサーバーの画面

とても簡単に無料で新規ドメインが増える感じがなんかわくわくしますね。反映には体感的に2~3時間ぐらいかかります。

まとめ

SEO的にはサブディレクトリで作ったほうがいいというのは、多くの人がそう言っているので間違いないのでしょう。では我々に影響のあるサブドメインの恩恵は、SEOではほぼなく「無料」ということしかないのでしょうか。とりあえずサブドメインのサイトの経過を観察しようと思います。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る