Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ブログのトップページのSEOを実験してみた

  • 2015年7月17日
  • SEO

ブログのトップページのSEOを実験してみた

こんにちは、管理人Tomoです。
ぼくの住む札幌も本格的な夏が始まり、暑さでドロップシッピングの作業の進みが悪く苦戦しております。

ぼくの場合、ショップへの集客にブログを多用するのですが、ブログのトップページをどうすべきかずっと悩んでいたんですね。

多くは個別記事で上位表示してアクセスを稼ぐのですが、だからと言って内部リンクの集まるトップページのSEOをおろそかにする理由にはなりません。

トップページのパターン

ブログのトップページは多くの場合、最新記事を先頭に10~20記事がアイキャッチ画像とともに紹介されているようなスタイルですよね。

このブログでもそのようなスタイルです。

この場合、SEO的に次の2点が気になります。

  1. テキスト量が少ない
  2. 記事更新のたびに内容が変わる

テキスト量が少ない

各記事の紹介は基本的に記事冒頭の抜粋です。100文字ぐらいのテキスト量になり、全て各記事の重複になります。

だからと言ってペナルティはないと思いますが、SEOでプラスになることはなさそうですよね。

記事更新のたびに内容が変わる

最新記事が先頭になり古い記事が消えていくので、更新のたびにトップページの内容が変わります。

これを「更新」と考えるべきかどうかは分かりませんが、あまり頻繁に変わるのもどうかと感じます。

少なくとも今までのぼくのブログは全てこのパターンであり、特に「更新」という恩恵を感じたことはありません。

トップページの内容を固定してみた

ぼくのブログは全てワードプレスですが、それ以外でも多くの場合、何も気にしないと前述のようなトップページになるはず。

それをちょっといじってSEOの実験をしてみました。

トップページの内容を記事のように固定したんですね。

最新記事の表示を消し、ブログ内容全てを総括するような内容にし、重要な数ページにリンクしたんです。

これによりトップページの内容は記事を更新しても変わらず、各記事と同じようなスタイルに。

トップページはキーワード難易度が高い

これでトップページの評価が上がるのだろうか…と考えたのです。

が、ブログにしろショップにしろ、トップページというのはそのサイトで最も難易度の高いキーワードが設定されているものですよね。

実験を行ったブログも例にもれず、月間検索数8100回(グーグルプランナー調べ)のなかなか厳しい単一ワード。

さて結果はいかに…。

少しは良い結果が出たようです

結果を最初に言いますと、若干良い効果はあったように感じます。

以下に実験内容の詳細と結果を掲載します。

  • 実験したブログは1年半ぐらい運営
  • 記事数は68
  • アクセスは400/日ぐらい
  • 今まではトップページに最新20記事を掲載
  • 新しく4500文字ほどの記事のようなスタイルに

順位のグラフ

順位のグラフ
※クリックで大きくなります。

この画像は、この順位計測ソフトを使用し始めた去年の10月下旬からの、実験ブログのトップページの順位推移です。

トップページの変更をしたのはちょうど1か月前の6/17日。

印のあたりです。

ここ2~3か月の大きな波の意味は良く分かりませんが、ポイントは20位を一度も超えていないということ。

ところがトップページを更新した10日後、順位が17位までグッと上がったんですね。

その後、上昇下降を繰り返していますが、初めて20位のラインを突破したのはトップページの変更が理由かもしれません。

特に記事更新を頻繁にしているわけでもないので。
(全部でも68記事しかありません…ショックを受けた顔

グーグルはページに大きな変更を加えると、一時的に順位を下げる傾向があるように感じます。

その後、数回のクロールを経て正しい評価がされるといった感じですね。

残念ながらこの実験ブログでは5月の頭あたりからなぜか波が激しくなっており、いまいち効果が分かりにくいですが、今日の時点でも順位は16位に。

このまま上昇するとは思えないですが、トップページのテキスト量が増え、必然的にキーワードの使用回数も増え、その辺が若干の順位上昇に繋がったかな?とポジティブに考えています。

ただ、アクセス数は全く変わりません。。。疲れた顔

アクセス数グラフ
※クリックで大きくなります。

順位が上昇したとはいえ、2パージ目に登場しただけではアクセスの増加はほぼ変わらないですね。

なんとか1ページ目に入ってほしいものです。

まとめ

トップページは内部リンクが集まりやすく、もっともSEOに強いページのはず。

今回の実験のように完全に固有の価値観を持たせることで、順位が若干ながら上昇しました。

他に、抜粋の文字数を増やすという方法も思いついたのですが、重複コンテンツを増やすだけの可能性もあるかなと思いやめました。

トップページだろうが記事だろうが、オリジナルの良いコンテンツなら今のグーグルは評価してくれるはず。

月間検索数8100回のキーワードで1位になれたらアクセス集まるだろうな…

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る