Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

もしもドロップシッピング スタートアップパック第4章

もしもドロップシッピング スタートアップパック第4章

スタートアップパック第4章は集客についてです。
商品を選びショップ(販売ページ)を作った後は、お客様を集めなければ売れません。
インターネットは日本のみならず世界中に繋がっていますが(我々は基本的に国内が対象ですね)、ネット上にショップをオープンさせれば勝手にお客様がやってくるということはありません。

スタートアップパック第4章

ドロップシッピングにおける集客

初めてネット上にショップをオープンさせた場合、道路も電気も通ってない場所にお店を開くようなものです。
スタートアップパックでは「太平洋の真ん中」と表現していますが、つまりは「誰も見つけることができない場所」ということですね。

リアルにある店舗だと、人通りの多い所にお店を立てれば、広告や告知を出さなくてもとりあえず人はやってきますよね。
なぜかというと「見つけることができる」からです。
「あ。新しいお店ができてる」と気付けば、興味のある人が来てくれるかもしれません。
でも立てた場所が山奥で人が来ない場所なら絶対に誰も来ません。

最初はそのような状態だと考えてください。

集客のためにすること

お客様が来なければ確実に売れることはありません。
また、お客様の数に比例して売り上げは伸びるものです。
なのでいかに集客できるかが、売れるかどうかの大きな分かれ道になります。
そのために初めに考えるべきは2点あります。

  1. 銀座にお店を建てる
  2. 僻地に立ててインフラを整備する

銀座にお店を建てる

もしもでは「銀座」を例に出していますが、つまりは人通りの多い場所という意味です。
そのような場所にお店を建てれば、特に何もしなくてもお客様はやってきます。
お客様のほうから勝手にお店を見つけて来店してくれるからですね。

ただしそのような場所にお店を建てるには、お金がかかってしまうのは至極当然のこと。
採算が合うかどうかをじっくり検討しなければいけません。

これをドロップシッピングに当てはめると「ネット広告」を出稿することになります。
お金を払って人通りの多い場所(検索結果の目立つ場所)に自分のお店を掲載するのです。
そうすればお客様の目にとまり、お客様のほうから自然とお店にやってきてくれます。

採算が合うように工夫することは必要ですが、集客に関してはオープンと同時にできるメリットがあります。

僻地に立ててインフラを整備する

もう一つの方法は、自らインフラを整備していく方法です。
お金のかからない場所にお店を建て、そのままでは誰も気付いてくれないので、インフラを整備しお客様が来てくれるよう努力します。

広告にお金がかからないのがメリットですが、インフラは自分で整備しなければいけず、当然時間もかかってしまう難点があります。
しかしながら、インフラが整備されればお客様がお店を見つけやすくなり、無料でどんどん集客できます。
僻地に作っても交通量の多い国道までの道を整備し、「ショップはこちら!」といった看板でも建てればお客様を呼ぶことができます。

どのようなインフラを整備できるか、どのような看板を建てることができるか、広告とは違ったスキルが要求されます。
ネットではこのインフラ整備のことを「SEO」といいます。

一長一短です

このように書くと「どちらの集客がいいのだろうか…」と、特に始めたばかりの人は考えると思います。
基本的には一長一短で、どちらが優れているということはありません。
両方を上手に使い分けるのがいいという人もいますし、広告だけで数百万円の売り上げを出す人もいるようですし、SEOだけで数百万円売っている人もいます。

広告のメリット・デメリット

広告の最大のメリットはスピードにあります。
お金さえ出せばお客様を即時集めることができ、様々な施策をスピーディに行うことができます。

また「確実さ」も大きなメリット。
競合より単価を上げれば検索結果の最上部に確実に自分のショップを露出できます。

購入意欲が高めなのもメリットでしょうか。
広告をクリックする人は、最初から何かを購入する目的でクリックする人が多いと考えられます。
逆に何かの情報を調べている人は広告をクリックしませんよね。
トータルでは広告をクリックする人のほうが購入意欲が高い可能性がありますよね。

デメリットは単純にお金がかかることです。
銀座にお店を建てれば集客できるのは誰でもわかること。
それでもそうしない(できない)のは、お金がかかるからですよね。
広告もお金さえ出せば上位に表示できますが、お金を払わなければ一切表示されません。

広告費と売上のバランスが悪く、赤字になるようだと広告費が捻出できず集客が滞ります。
また「売れても赤字」という状況になることも珍しくありません。

SEOのメリット・デメリット

SEOの場合は、基本的に無料で行うことができます。
お店を建てるのもインフラ整備も無料なので、うまくいけばお金をかけずにお客様を呼ぶことができます。
そうなれば利益を圧迫する広告費が一切かからず、売れば売るほど稼ぎが大きくなっていきます。

デメリットは時間がかかることと確実性がないことです。
ぼくの感覚ですとSEOの成果が出始めるのは、スタートから1ヶ月半~2か月ぐらい後になってからです。
それまでは無償でインフラ整備に精を出さなければいけません。

また、一生懸命インフラを整備したとしても、必ずしもお客様が来るショップになるという保証はありません。
スキルの問題もありますが、グーグルという検索エンジンがブラックボックスである以上、確実に結果を残すことができる人はいません。
可能性を上げることはできますが、広告のように確実にお客様が来るとは言えないのです。

スキルとメンタル

広告にしてもSEOにしても、重なる部分はあるにしてもどちらもスキルを要します。
当たり前ですけどね。
スキルを要しないビジネスはないです。

特に最初は覚えるべきことや分からないことだらけで、頭がパンクしそうになると思います。
ですが慌てずじっくり腰を据えて取り組むしか方法はなく、近道はありません。
少しずつ取り組みながらスキルを上げていくしかありません。

ただし、もしもドロップシッピングに登録したばかりの人や、まだ初売上のない人にとっては「メンタル」にも大きく影響します。

ドロップシッピングの最大の敵は自分です

何事もそうかもしれませんが、モチベーション・やる気がなければ、物事を続けることは難しいです。
「気合い」「根性」といった精神論は理屈の話で、実際は一度下がったモチベーションを上げることはなかなか難しいと言えます。

でもドロップシッピングの場合は「売上」が発生することで、それらをグッと上げることができます。
時には一つの売り上げでやる気マックスまで上がります。
やはり稼ぐためにやる以上、商品が売れるということは非常にポジティブに作用します。

頑張って作業しても一向に売上0円じゃ、モチベーションもやる気も0になってしまいます。
そういう意味では広告は優れた集客方法と言えます。

お金がかかるのは難点ですが、早く確実にお客様を呼ぶことができ、売上というモチベーションを維持できる可能性が高くなります。
リスクなくSEOで進めることがいいとか悪いとかではなく、いかにモチベーションを維持しながら進めることができるかという観点で考えると、広告を使う意義が見出せます。
仮に1000円の広告費で報酬1000円の商品が売れたとして、稼ぎは0円ですがそこでモチベーションが上がり継続することができます。
そうすればスキルを覚える時間が増え、より効率よく売り上げを伸ばせるかもしれません。

リスクを恐れてSEOを地道に努力し、結果が出る前にモチベーションが維持できず退散…という人は非常に多いです。
まぐれでも売れてくれればやる気マックスになるのですが、それは神のみぞ知る領域。
売り上げがない人は、自分では良いと思ってても見当外れのことをしている可能性も高まりますよね。
もしそうなら売り上げはほぼ期待できなくなり、継続するメンタル面が先にまいってしまいます。

初期の行動が継続できるかを大きく左右する

スタートアップパックでは広告を奨めていますが、つまりはこのような側面があるからと言えます。
ただし実際にお金を出すのはシッパーなので、無理強いはできませんし、やはりメリット・デメリットを知ったうえで判断すべきだと思います。

SEOのほうが売り上げが難しいと簡単に言うこともできませんし、広告を出したからと言って売り上げが約束されているわけでもありません。
逆に広告を出して売れなかったというのが最悪のケース。
それを恐れてSEOを選択するのも別に悪いことではありません。

ただ、売れなければモチベーションは確実に下がっていくこと。
モチベーションを上げるのは「売上」だということ。
モチベーションが0になれば精神論では太刀打ちできないこと。
継続することが最も難しいこと。

このあたりは多くの上級シッパーが口をそろえて言うと思います。
なので売上「0⇒1」がとても大きな壁になり、最も大きな試練なのかもしれません。
はたから見れば「まだ売り上げ0円」と「8000円の商品が売れた」というのは8000円の差しかないように見えますが、本人にとってはそれ以上の大きな差になっているんです。

まとめ


ドロップシッピングで最も大事なのは「集客」です。
最も難しく、最も売り上げを左右する要素と言えます。

ぼくは今でも集客に悩みますし、おそらく今後ドロップシッピングを続ける限り悩み続けると思います。
以前は広告も使っていましたが、今は100%SEOです。
SEOには可能性を高めるという概念はありますが「絶対」はありません。
究極のところ「絶対」なのは広告だけなのです。

悩みながら試行錯誤してスキルを学び、続けるモチベーションを0にしないこと。
最初は訳分からないことが多いと思いますが、続けることを目標にする意識を持つことが大事ではないかと思います。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る