Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ショップ名の上手なつけ方

ショップ名の上手なつけ方

作成するショップの「ショップ名」は意外と悩みますよね。

お店の看板に載るわけなので、あまり適当に付けるのはイヤなもの。

とは言えどのような名前にすればいいのか分かりにくいですよね。

そこで売り上げがあまりない方に向けて、ショップ名の上手なつけ方を紹介しようと思います。

ショップ名が与える影響とは

まずショップ名はどのような影響を及ぼすのでしょうか。

お店の看板なのは間違いありませんが、ネットショップの場合は主に次の2点に関係しています。

  • 重要な検索キーワードになる
  • お店を覚えてもらえる

重要な検索キーワードになる

ショップ名に入る言葉は、重要な検索ワードになります。

特にショップできすぎくんで作る場合は、必ず狙うキーワードを含めたショップ名にしましょう。

細かいことを言えば、ショップ名とトップページタイトルは別物ですが、最初のうちはあまり気にせず「狙うキーワードを入れる」ことを意識しましょう。

トップページは最も検索にヒットしやすいページなので、ショップ名にその狙ったキーワードが入ることで有利に働きます。

お店を覚えてもらえる

少しユニークな名前を付けるのもポイント。

それによって名前を覚えてもらうことができるかもしれません。

「小型カメラ通販専門店」というショップ名では、オリジナリティがなさすぎですよね。

SEOを考えた場合は「小型カメラ+通販」で狙いたい感じはわかりますが、ユニーク性がなさすぎるように思います。

SEOはもちろん大事ですが、仮にショップ名がタイトルタグ(分からない人はあまり気にしなくてもいいです)に入る場合は、検索結果に表示されるという事。

その場合「小型カメラ通販専門店」と書かれたページと「小型カメラの激安通販|最大78%OFF!」と書かれたページではどちらをクリックするでしょうか。

また、ユニーク性を出すために「小型カメラの激安通販「小さいカメラ屋」最大78%OFF!」とすれば、お店を気に入ってくれれば「小さいカメラ屋」で検索して来店してくれるかもしれません。

ユニークな名前は検索で簡単に1位を獲得できるので、その時は購入に至らなかったお客を再び呼び戻せる可能性が高まります。

特に高価な商品の場合、何度もお店に来てもらうことが大事ですよね。

一度の訪問で10万円のマッサージ器をポンと買うのは、なかなか勇気がいることです。

まとめ

ショップ名はけっこう悩むものですよね。

慣れないうちは狙うキーワードを入れることをしっかり行い、もしそのキーワードであなたのショップが上位に表示された時、クリックしたくなる魅力的な文言かという観点で考えるのがおすすめです。

「小型カメラ 通販」と書かれたページより「小型カメラの激安通販|最大78%OFF!」と書かれたページのほうがクリックしたくなりますよね。

そうなれば順位が多少低くてもアクセスを呼ぶことができます。

逆にショップ名やタイトルが魅力的じゃないと、上位表示されてても簡単にスルーされてしまいアクセスを呼ぶことができなくなります。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る