Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

SEOにサブドメインが有効か実験してみた

  • 2014年11月1日
  • SEO

SEOにサブドメインが有効か実験してみた

以前に「サブドメインが気になる」という内容の記事を書きましたが、その日からサブドメインのSEO効果を検証しています。今回は開始から約2週間たったので、初期の感想を記録として残しておきたいと思います。過去記事はコチラ。
Xサーバーでサブドメインを設定する方法

この2週間でやったこと

とりあえず2週間でやったことは次のようなことです。

  • 日曜日以外毎日オリジナル記事を投稿する
  • 投稿記事数は13記事
  • カテゴリー数は2
  • 1日1記事以上は投稿していない
  • 最も少ない文字数が877文字
  • 最も多い文字数が2396文字
  • 平均文字数が1497文字
  • 基本的な内部SEOは実施
  • ウェブマスターツールには登録していない
  • サイトはワードプレスで作成したブログ
  • サーバーはXサーバー
  • HTMLのサイトマップページを作成

こんな感じです。

SEO的な効果は?

で、まだ2週間ですが、初期の結果としては次の通りです。ちなみに最後の記事投稿日は昨日です。

  • インデックスされた記事数は10
  • トップページ・サイトマップページ・カテゴリーページ×2がインデックス済み
  • つまりインデックスされていないのは直近3記事
  • SEO難易度14のキーワードで25位
  • SEO難易度9のキーワードで33位
  • SEO難易度3のキーワードで60位
  • SEO難易度11のキーワードで57位

結果的にはもっとも最近に投稿された3記事以外は全てインデックスされ、4つの狙ったキーワードで記事が100位以内にいました。トップページはこの状況では到底きついキーワードで、上記の4記事以外も理由は他にあるのですが、ちょいときついキーワード。

つまり13記事で10記事インデックスされ、ライバルの弱いキーワード4記事がとりあえず100位以内にいたという感じです。この結果がすごいとかしょぼいとかいう議論は全く関係なく、ぼくの経験では新規ドメイン2週間でこのような結果ならまずまずいい方の部類に入ると思います。

サブドメインはドメインのパワーを引き継がず、別ドメイン扱いされるといろんなとこで言われていますが、この検証結果を考えるとサブドメインでも何らかのSEO効果があるのではないかと感じます。

ただ、実はほぼ同時に同じ感じで「サブディレクトリ」でブログを作ってみたのですが、まだ記事数7で最初の投稿から8日しかたってませんが、サブドメインで作ったサイトよりはるかにSEO効果を感じます。実際しょぼいキーワードなら10位以内に3記事ほど入っています。

やはり一般的に言われている通り、サブドメインよりサブディレクトリのほうがドメインパワーは引き継がれる実感があります。それでもサブドメインでも全く新規ではなく、何らかの好影響はあるという初期の結論です。

まとめ

たった2週間なのでこの先どのようになるかは分かりませんが、サイト立ち上げの初動という観点からはおもしろい結果が見れたように思います。現段階ではサブドメインでも何らかのいい影響があるが、サブディレクトリのほうがかなりドメインパワーが引き継がれていました。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る