Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

売上ランキング上位の商品が売れない理由

売上ランキング上位の商品が売れない理由

もしもドロップシッピングで何を販売するか悩んだ時、ランキングを利用することはとても大切なことです。

つまりは売れている商品なので、商品力があるという証拠。上手に販売することで売り上げを伸ばすことができます。

でも考えようによっては、手を出すべきではない商品も含まれていることに気をつけなければいけません。

ランキング上位の商品の特徴

売り上げランキング上位の商品なんだから、売れているという特徴しかないしょ?(北海道弁です、フフ企む顔)と考えているようではいけません。

もしもドロップシッピングでは、ログインすることで簡単にランキングを見ることができますが、売れているということは裏を返せば「良く売っている強力なシッパーがいる」ということ。

つまりは強いライバルがいる可能性が高い商品でもあるのです。

ランキング上位商品を取り扱う時の注意点

正直、いつも見ても大体似たような種類の商品が上位にいます。

玉川岩盤浴シート・小型カメラ・ベッド・コルクorジョイントマット・ダイヤモンドジュエリー・ホットシャワー…。

これらは間違いなく商品力のある商品。つまり上手に集客することができれば、売れる商品です。

ただし前述したとおり、売れる商品と分かっているのですからライバルが強くて多い商品と言い換えることができますよね。

そんな商品を何の作戦もないまま、初心者が飛び込んで販売することができるでしょうか。もちろん単発で売れることもあるでしょう。

ただ、売れ続けること、稼ぐことはなかなか難しいと言えます。

取り扱うべきではない?

ここまで言っておきながら、ぼくはぜひ取り扱うべき商品だと思っています。ダメなのは作戦を立てずに真正面から突撃するやり方。それが許されるのは上級者だけです。

もし販売実績に乏しく上級者と戦う自信がないなら、作戦を立てなければいけません。では作戦とはどういったものでしょうか。

それは集客を別の視点から考えるという事。

小型カメラが良く売れていますが、いきなり「小型カメラ」というキーワードでSEOを頑張ったところで早々に力尽きます。

そんなことは上級者になってから行えばいいですし、上級者になってからでも必ずしも直球で勝負する必要などないのです。

ヒントは「その商品を使う人は誰ですか?」ということです。

その点を突き詰めて考えると、変化球による集客ができるようになります。

まとめ

売れる商品を扱うのは、ドロップシッピングの常套手段と言えます。ただ、集客をどのようにするかをしっかり考えないと、全くアクセスがないショップになってしまいます。

ドロップシッピングにおいて最も大事なことは「集客」です。逆に商品力に欠ける商品でも、アクセスさえあれば売れてしまうのが難しいところ。

ランキング上位商品をどのような作戦で売るのかを考えるのが重要ということです。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る