Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

らくぺたがバージョン3に!今度は画像素材を簡単に表示できる

らくぺたがバージョン3に!今度は画像素材を簡単に表示できる

こんにちは。管理人Tomoです。
価格や発送目安などを簡単に表示できる「らくぺた」がバージョンアップしたようですね。
今度はタグを「ぺた」っとするだけで「らく」に画像素材を表示できるようになったみたいです。

画像素材は大事

ショップではいかに訴求力を高めて、いかに買ってもらうかということを考えなければいけません。
その中で果たす画像素材の役割は非常に大きいと言えます。
むしろ画像素材がないとなかなか売れませんよね。
素材のない商品を売っている人が凄いと思います。

画像素材のある商品だけを狙う

ぼくの場合は画像素材がない商品は基本的に狙いません。
その商品が売れていても、やっぱり画像がないショップで売るのはなかなか難しいですよね。
逆に言うと、素材がなくても売れる理由があるので売れるのですが(テレビ放送など)、素材がないと説明文を書くのも一苦労です。
商品のイメージも湧きにくいですし、画面から文字だけで良さを伝えるのは非常に難しいです。

今回らくぺたで画像素材を簡単に表示させることができるので、たくさん画像素材がある商品でも手間は大きく軽減されましたね。
ダウンロード⇒アップロードという手順がカットできるだけでも、相当労力を抑えることができます。

画像素材が多いときの注意点

ただし画像素材が多い商品で「本腰を入れて売りたい商品」は注意が必要です。
画像は枚数が増えれば増えるほどページが重くなってしまうので、表示速度の観点から見るとユーザーにもSEOにもあまり良くありません。
これぞ!という商品は手間を惜しまず「ダウンロード⇒圧縮⇒アップロード」という手順がおすすめです。

ただ全ての商品でそれを行うのもなかなか大変なので、メインの売れ筋だけを行ったり、そもそも画像枚数が少ないようならそこまで気にする必要もありません。
販売の鉄則に「売り上げの80%は20%の商品から生まれる」というものがあります。

つまり100商品のショップがあって月商100万円だとしても、売り上げの80万円は20個の商品が生んでいるということ。
売れ筋をいかに魅力的に見せ、他の商品を上手に引き立て役にまわすのです。

そういう観点から、メインの売れ筋だけは表示速度も気にして作成し、他の80商品はらくぺたでサクッと作ってしまうのも賢い方法です。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る