Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

価格設定をするコツとメリット・デメリット

価格設定をするコツとメリット・デメリット

ドロップシッピングでは、価格設定をすることができるという点が大きな特徴。

設定範囲は決まっていますが、その範囲内であれば好きに設定することができます。

ただし安易に安くしたり、リサーチをせず上げてしまうのは、稼げなくなる原因になってしまいます。

そこで今回は価格設定するメリットとデメリットを考えてみようと思います。

価格を上げる

まずは価格を上げることに焦点を当ててみます。値上げというのは販売者側からすると、意外と勇気のいる作業かもしれません。

でも実店舗や一般的なネットショップはともかく、ドロップシッピングで稼ぐうえでは価格を上げる必要性も必ず出てきます。

価格を上げるメリット

ではまず価格を上げるメリットを考えてみます。最も大きいのは報酬額が増える点ですよね。

卸値10,000円、販売額11,000円という商品があれば、一個売れれば1,000円の報酬ですが、販売額を12,000円にすることで報酬額を倍にすることができます。

物を売るときには価格は非常に大事ですが、売ること自体に関してはある一定の壁が存在し、価格が11,000円だろうが12,000円だろうがその障壁の高さは大きく変わりません。

問題は比較されるということ。

他店と比較されてしまえば、価格の高いショップは簡単に見放なされてしまいます。なので価格を上げるときは「比較されにくい」という条件が大事になります。

また少し特殊な例ですが、高い商品は価格を上げることで逆に良い商品に見られる場合があります。高い商品は良いものという先入観があるので、ものによっては最高の結果に繋がることも。

ただしその基準・ラインはとても曖昧で個人差もあり、狙ってできるかと言われればできないと言わざるを得ません。たまたま買ってくれた人がそう感じることもあると思いますが、ラッキーという程度に考えたほうが無難です。

価格を上げるデメリット

これは誰もが簡単に想像できますよね。価格が上がればそれだけ売れにくくなるのは当然のこと。比較されれば致命的で、よほど工夫を凝らしていない限り他店に流れてしまうでしょう。

価格を上げる場合は、比較されにくいことに加え、質の良いショップを作ることが大事。

「少し高いけどこの店で買いたい」と思ってくれるのが最高ですね。

そんなことできる?と思うかもしれませんが、思っているほど難しいことではありません。そりゃ誰だって安く買いたい気持ちはありますよ。

でも例えば、とても信頼感があってコンテンツも充実しており、分かりやすい商品説明で失敗もなさそう、プライバシーの問題も大丈夫そうで価格が98,000円のベッドを売っているショップ。

方やデザインもいまいち素人っぽく、商品説明はよその店と全く同じ、売りたいという声が聞こえてきそうなほどの誇大広告や大きな送料無料の文字が目立つ、全く同じベッドが96,000円。

どうでしょうか。

前者にも勝機はあるのではないでしょうか。つまりは「街の電器屋さん」の発想ですね。

価格を下げる

もしもドロップシッピングの場合、価格を下げることは実はなかなかできません。多くの商品の推奨価格と最低販売価格が同じで、下げる機能はありながら事実上は下げることができないという感じです。

なかには下げれる商品もあると思いますが、ぼくはドロップシッピングにおいては下げることにメリットはないと考えております。

もちろんガッパリ下げることができて利益を確保できるならいいかもしれません。でもそんな商品はないでしょう。

ほとんどの商品は仮に下げることができても、利益がほぼなくなるような価格設定ばかりなはず。

価格競争は弱者に向いてない

商品を仕入れるのはシッパーは全く関与せず、株式会社もしものバイヤーがメーカーと交渉して決まります。でもドロップシッピングの場合、素人が販売することになるうえ、販売数を確保することもほぼ不可能。そんな状況で安い仕入れ値を提示することは難しいですよね。

つまり、価格競争になれば完全に弱者になってしまうのです。これはほとんどの商品に言えること。

ただし、もしもの力不足というわけではありません。

これはある意味どうにもならない問題と感じます。だって大手の販売店なら売上個数を増やすこともできるので、仕入れ値を安くすることができるかもしれません。

ドロップシッピングで実際に販売するのは、メーカーからすれば完全なる素人。もしもが全て販売するならまだしも、そのような状況で安く仕入れてこいというほうが無理に決まっています。

なので、仮に価格を下げることができても、下げてはいけません。確実に稼げなくなると断言してもいいくらいです。

まとめ

ドロップシッピングは価格設定できるのが大きな魅力でもあります。ぼくの場合は、実はガンガン「上げて」ます。

もちろん闇雲に上げているわけではありません。それでも売れるという思いがあるからこそです。

むしろ考え方は逆で、価格を上げても買ってくれるショップ作りを意識することが大事と言えます。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る