Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

もしもドロップシッピング選手権2015がもうすぐ開催ですね

もしもドロップシッピング選手権2015がもうすぐ開催ですね

こんにちは。管理人Tomoです。

ようやく「もしもドロップシッピング選手権2015」の内容が明かされましたね(と言っても既に公開から3日4日過ぎていますが放心状態の顔)。

ティザーページの公開から20日間も引っ張るとは。。。だいぶ「じらされて」しまいましたね。

まずは開拓編

どうやら今回は他のシッパーさんとの争いではないようですね。

しいて言えば自分自身との闘いになるようで。

確かに上位シッパーさんは強いですが、自分自身は最も強い敵と言えるかもしれません。

事あるごとに「やらない理由」を提示して作業を止めてくる強敵ですから^^

作戦は決まったでしょうか

開拓編では10種類のインテリアジャンルを売る必要があります。

ちょっと言い方悪いですが「半年で10万円の売り上げを出せばいいんでしょ(得意の北海道弁、フフ企む顔)」というのが正直なところですね。

その後に続くようなショップ作りをすることは大事ですが、期間が長いだけに慌てずじっくりいきたいところ。

ただ、10個のジャンル全てを狙うのはなかなか難しいですね。。。特に画像素材が乏しい「ローボード・テレビ台」「オフィス家具」「照明関係」の三つは強敵です。

やっぱり魅力的な広告画像は重要ですよね。

なのでぼくはまず、商品数の多い「カーテン」「カーペット(既存ショップのテコ入れ)」「収納家具」を攻略しようと企んでおります。

その後、実績のある「テーブル」「食器棚」「椅子」を攻略し、季節性の強い「こたつ」を最後にしようかと。

ただ、とにかく種類が多いですね。いろんなことが中途半端になってしまいそうで、ちょっと怖さもあります。

またぼくの場合は、ベッドとソファーのショップは元々あるので、攻略編もエントリーを考えております。

もちろんテコ入れは必要なので(て言うかベッドの商品数多すぎです…)、どこまで時間的に取り組むことができそうか、細かい作戦をこれから考えていこうと思っています。

攻略編は強敵だらけ

10月になるとベッド・ソファーという2大家具のジャンルが始まりますね。

これはあくまでぼくの個人的な予想ですが、先の選手権の1位を獲得したシッパーさんは、ベッドをメインに売っていたのではと思います。

エントリーは要熟考

ぼくが思うに、付け刃的な、誰でも作れそうなショップでは、この2大ジャンルは難しいように感じます。

販売価格が高いだけではありません。

最も難しいポイントは「実際に寝てみることができない」「実際に座り心地を体験することができない」という点。

ネット通販のデメリットがモロに反映されてしまうジャンルです。

例えば数千円の衣類なら、もちろんしっかり考えて買うでしょうが、失敗してもダメージはまだ少ないですよね。

これがベッドなんていう大きな物、しかも毎日使ううえに、捨てるのにもお金がかかるような代物です。

お客様の本気度は完全マックスですよね。120%失敗しないよう徹底的に調べてから買うはずです。

そんな人たちに対して実績を上げているショップに、数日で作ったようなショップが太刀打ちできるはずありません。

とは言え今回は自分との闘い。

自分にできそうな目標を設定して取り組むのはいいことだと思います。

ただし、特にベッドは商品数が尋常じゃありません。ショップを作るだけで3ヶ月丸々かかってしまうほど。

なので他のショップのメンテナンスがおろそかになる可能性があり、「ベッドで稼ぎたい!」「ソファーで稼ぎたい!」という強い思いがないなら、逆に稼ぎが減ってしまう可能性も秘めています。

ベッドで、ソファーで、と一つの固執したジャンルで稼ぐことが目標ではなく、全てひっくるめて稼ぐことがシッパー全員の目標ではないかと思います。

なのでこの2大家具ジャンルは、ある程度の覚悟を決めて参入することをオススメします。

まとめ

もしもドロップシッピング選手権2015のぼくの目標としては、賞金合計14万円を目指そうと思っています。

選手権のいいところは、このように目標設定がしやすくモチベーションが上がる点ですよね。

きっかけをつかむことで売れる方法に幅が出ることも期待できます。

特にぼくの場合は、ショップのSEOの技量をもっと上げたいと考えており、様々な取り組みを検討しているところ。

とにかく正月に笑ってることができるよう頑張っていきましょう。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る