Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

初めてのショップ作成で考えるべき3つのこと

初めてのショップ作成で考えるべき3つのこと

ドロップシッピングで利益をあげるには、ショップがなければいけません。

インターネット上にあなたのお店を開き、そこから物が売れればあなたの利益になるのです。

とは言え、もしもドロップシッピングに登録したばかりの人は、一体なにをどうやって作ればいいのかサッパリ分からないですよね。

そこで初めてのお店を開く人に向けてアドバイスを。

開店までにすべきこと

もちろん初めてなので、基本的には「やってみること」が最も重要です。考えるべきことはたくさんありますが、それを全てこなすことは、初めのうちは難しいもの。

でもどうせ開店するのだから、売れるショップを作りたいものですよね。そこで考えるべき最低限のポイントは次の3点になります。

  1. 何を売るのか
  2. 誰に売るのか
  3. どうやって売るのか

何を売るのか

まず決めるべきは売る商品です。何を売るのかが決まらなければ、一向に先に進むことができません。

商品選びの方法やコツは別のページでも紹介していますが、初めてのお店の場合は「興味のあるジャンル」「広告画像の豊富な商品」「価格が高すぎない商品」あたりが狙い目。

商品選びに関するカテゴリー

興味のあるジャンルなら、商品の特徴をいち早く理解でき、それを欲しいと思う人の気持ちをつかみやすくなります。

広告画像はとても重要で、見栄えのいい画像があるだけでショップが華やかに見えるもの。

価格については、安いものだから売れるということもありませんが、高価な物はそれだけで障壁が上がってしまいます。

最初は高くても2~3万以下の商品がおすすめです。

誰に売るのか

売る商品ジャンルをある程度決めたら、次はそれを誰に売るのかを考えます。

誰と言っても「お客様」には違いないのですが、どのようなお客様に売るのかということですね。

同じ商品でも買う理由というのは人それぞれです。

コーラを買う人を想像してみましょう。その人はなぜコーラを買うのでしょうか。

「喉が渇いてた」「炭酸が飲みたかった」「甘いものが飲みたかった」「大好物だから」…。

コーラ一つとっても様々な理由が浮かびます。

仮にあなたがコーラを販売するとしたら、あなたは「コーラが欲しい人すべて」に売ろうとしてはいけません。

あなたがすべきは「喉が渇いてる人」に売るのか、「炭酸が飲みたい人」に売るのか、「甘いものが飲みたい人」に売るのか、「コーラ好き」に売るのかを決めることです。

どうやって売るのか

ドロップシッピングでは、ショップを作っただけでは売れません。

今回はショップを作るということがテーマなので、その先はとりあえず別問題なのですが、ショップを作成する前に考えておくと様々なメリットがあります。

つまりはどのように集客するかという事。

おそらく初めてショップを作成する場合は難しいかもしれませんが、どのようなキーワードで集客するのか、SEOなのかPPCなのか…。

一気に書いてしまうとわけが分からなくなってしまいますね。

だからやめておきます。魂が抜けた顔

まとめ

初めてのショップの場合、ノーリスクでできるショップできすぎくんがおすすめ。

デザインなどは微妙かもしれませんが、すぐに、しかも簡単に作ることができます。

最初のお店の場合、考えても良く分からないと思うので、とにかく作ってみることに注力するほうがいいかもしれません。

シンプルに「どの商品」を「誰に売る」のか、これだけを決めて手を動かすことを意識してみましょう。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る