Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

コツコツ続ける難しさの理由

コツコツ続ける難しさの理由

ぼくは正直言うと、コツコツ地道に続けることが苦手です。

一気にやって、後は放置…。

そんな集客ブログをいくつも持っています。

でもドロップシッピングで稼ぐためには、ある程度コツコツと地道な作業を続けなければいけません。

なぜコツコツ続けることが難しいのか

ぼくだけじゃなく、コツコツと地道な作業が苦手な人は意外と多いように思います。

自分がそうだからかもしれませんが。。。

なんでコツコツ同じ作業を繰り返していくことができないのだろうか。

コレを地道に続ければ稼ぎが増えるだろうと、そんな風に思う作業ですらなかなかコツコツとはやっていけません、ぼくの場合は。

そこで思ったのが「結果が保証されていないから」ではないかと。

見返りを期待しすぎているのか…

「コツコツと地味な作業を1か月続けたら、仮にその作業が実を結ばなくても月に100万円売れるショップをあげるよ」

こんな風に言われたら、おそらくコツコツやっていけるように感じます。

なぜか。

それは保証付きだからですよね。

逆に言うと、コツコツ地道に行うことができないのは、その作業・時間・努力が実を結ばない恐怖からくるものではないかと。

ぼくはかなり高い精度で無駄な作業をしないようになりました。

それでもドロップシッピングのすべてを熟知することなど到底できるものではなく、あくまでも自分の方法論を確立したにすぎません。

さらにレベルアップを目指す際には、分からないことがいっぱいあるのです。

そんな不安定な中で、同じ作業をコツコツ続けることは非常に難しいです。

その作業に「見返り」を求めているからですね。

結果が保証されているビジネスはない

お金を稼ぐ以上ビジネスの視点で考えるべきで、ビジネス以上に予期せぬ事態が起きるものはないとぼくは学びました。

そんなビジネスに保証を求める時点で、ぼくは二流だと実感します。

「こうすれば上手くいく!」という信念をもって続ける。

「失敗などあり得ない!」という不退転の覚悟を決める。

ドロップシッピングは孤独な作業なので、思いのほかメンタルで左右されるように感じます。

コツコツと続けることが稼ぐうえで大事なのは言うまでもありません。

現状は関係なく、常に上を目指す人は常に不安の中にいるということを、最近学んだように感じる今日この頃でございます。

そしてその不安に勝ってこそ、次のステージが見えてくるのではないでしょうか。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る