Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

今年最後の仕事はこの記事と大掃除です

今年最後の仕事はこの記事と大掃除です

今日は今年最後の出勤です。
と言ってもこの記事を書くのと大掃除が最後の仕事。

ただ、事務所内が今非常に寒いです。
事務所に来た時点では3度くらいしかなく驚く顔「今年もハロゲンヒーター一台で乗り切るぜ!」と張り切っていたので暖房器具はそれ一台だけ。
なかなか部屋が暖まらずダウンジャケットを着たまま執筆しています。放心状態の顔

今年一年間の報酬額

今年の初めから現在までのもしもドロップシッピングの報酬額は約445万円で、残り数日を考えれば450万円で落ち着きそうな感じです。
個人的には大きく飛躍できた年であり、人生を大きく変えた一年だったと思います。
今年の1月・2月はまだ月商60万円くらいで、報酬も約6万円ほどしかありませんでしたから。

「好き」「楽しい」が一番

もちろんぼくはお金を稼ぐためにもしもドロップシッピングをやっているわけです。
そしてネットで稼ぐということを考えればぼくの報酬額など全然少ないほうで、アフィリや他の手法でもっと多くのお金を稼いでいる人はいっぱいいます。

ただ「自分の好きなことをしながら報酬が増える」ということに大きな意味があるのだと思っています。
他の人と比較してもネットではキリがないのでしませんが、ぼくの場合ネットショップという形態がとっても好きです。

自分のショップからユーザーが買い物をしてくれる。
これって個人で行ううえではとてもすごいことですよね。
実際にお金を払って買い物をしてくれているんです。
大事なクレジットカードの番号を入力しているわけです。

もしもの力が大きいのは言うまでもありませんが、カートより前の段階では完全に個人の力です。

お金が全てではない

ぼくはドロップシッピングではなくアフィリエイトだったら多分稼ぎは増えなかったと思います。
アフィリでもやることは似ているので多少は稼げるとは思いますが、他人のサイトを紹介することに楽しさを感じないのです。

ドロップシッピングの場合、自分で苦労して作ったショップがあるからこそ、それを一生懸命紹介したいという気持ちが出てきます、ぼくの場合。
だから結果的に同じ金額を稼げたとしても、好きなことをやって稼げたのか、嫌いなことを我慢して稼げたのか、両者には大きな差がありますよね。

アフィリを否定するとか、ドロップシッピングが一番いいとか、そういうことではありません。
自分に合っているかどうかという観点で考えると、ぼくの場合はドロップシッピングという形態が合っていると感じるわけです。

もっと大きく稼げる方法はあると思いますが、ぼくは稼げた金額が全てではなく、その過程が一番大事ではないかと感じています。

時間だってそうです。
好きなことはどんどん得意になっていき、作業も早くなっていきます。
疲れはするものの、嫌いな作業ほど苦にはなりません。

最終的に今年450万円稼げたとしても、嫌いな作業は来年も続けれる保証はありません。
お金を稼ぐためにやっているとしても、お金が全てではないということです。

自由な時間が何より増えた

ぼくはまだ自分が大きく稼いでいるとは思いませんが、とりあえず金銭的に不自由な暮らしからは抜け出すことができました。
以前のように値段を気にする必要もなくなり、外食もそこまで気にしないで行けるのが本当に嬉しく感じます。
これを普通と呼ぶのは間違いかもしれませんが、「当たり前な生活・普通に暮らせる」というありがたみを感じています。

貧乏時代があったからこその感覚なのかもしれません。
誰もが一度は金銭的に苦しい時代を乗り越えて今があるのではと思います。
でも若い人はその厳しい時期をまだ経験していない人もいるはず。
実際ぼくも一番きつかったのは20代後半でしたから。
30代になって訪れる人もいるでしょう。

でもお金よりも大事なのは時間です。
今という時間を有意義に過ごすためにお金はあるのだと思っています。
お金は取り戻すことができますが、時間は誰もが取り戻すことができません。
そう教えられてぼくはお金より時間が大事だということを学びました。

まとめ

ぼくは今年、大きく稼ぎを増やすことができました。
でも金額ではなく、お金でもなく、家族との時間を最優先するようにしています。
自分が一番大事だと思うことを大切にし、お金ばかりを追求しないように気を付けています。

ぼくには2歳の娘がいますが、正直、ドロップシッピングの作業より子育てのほうが大変です。
だから本当は作業しているほうが楽です。
でも仕事ばかりなく、そんな大変な子育てを家族みんなで共有することが大事だと感じています。

何のためにドロップシッピングをするのかというのを、とことん突き詰めて考えると、ぼくの場合は家族と楽しく暮らすためなんですね。
それなのに家族との時間を割いてまで仕事をするのは本末転倒です。

もしドロップシッピングで稼ぎたいと思っている人がこの記事を読んでくれているとしたら、ぼくは稼ぎたい理由をハッキリさせることを薦めます。
最初は「ドロップシッピングで稼ぎたいのか」という点。
次は「何のために稼ぎたいのか」という点。

ぼくはこの2点がぶれずに1年頑張れたので、成果が出たのだと思っています。
アフィリだったら多分無理だったと思うし、仕事ばかりしてたら家族関係がギクシャクし基盤が揺らぎます。

こんな感じでぼくは自分の今年一年を振り返っています。
そして来年もこの感じは変わらないと思います。
もし物欲が出てきたらもっと稼げるように努力するまでです。

今年最後の記事も相変わらず締まりのない文章で、しかもまとめなのにまとまっていない。。。
こんなブログを読んでくれている人、本当にありがとうございます。
来年はもっともっと稼ぎにつながるような記事を書いていけたらと思います。

では事務所の大掃除でも開始します。良いお年を!

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る