Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

GIMPでレイヤーをグラデーションさせてぼかす方法

GIMPでレイヤーをグラデーションさせてぼかす方法

GIMPで画像を加工する際に、レイヤーをグラデーションのようにぼかして背景色になじませたいときが多々あると思います。口で説明するのが難しいですが、この技を覚えれば画像から素人っぽさが少し消えるのでおすすめ。GIMPをメインで使っている人はぜひ参考にしてみてください。

「レイヤーをグラデーションさせてぼかす」とは…?

文章で説明するのがとても難しい…放心状態の顔。自分の文章力が足りないのか…ボキャブラリーが足りないのか…ショックを受けた顔。つまりは次の画像のようなものを作りたい時に役立つ技です。

お手本画像

これはもしものページで提供されているバナーです。せっかく家具ジャンルでの選手権が始まっているので、家具ジャンルからチョイスしてみました。この画像の文字は気にしないでください。背景画像が背景色にグラデーションしてぼかしてありますよね。これです。これができるかどうかで画像の雰囲気は全く変わります。

良くないお手本画像

試しに似たようなバナーを作ってみました。ラグの画像と背景の境界線がくっきりと残っているので作りが素人っぽいですよね。この境界線をグラデーションさせて背景になじませると、お手本のようなかっこいいバナーになります。

実際にやってみる

ではやり方を紹介していきます。特に難しいことはありません。この画像の場合、次の3点が前提での方法になります。

  1. 背景色がクリーム色
  2. その上に足とラグの画像(レイヤー)がある
  3. 文字は気にしない

まず右側にあるレイヤーのうち、ぼかしたいレイヤー(今回の例では「お手本.jpg」というレイヤー)の上で右クリックします。

レイヤーツール

するとメニューが表れるので「レイヤーマスクの追加」をクリックします。そしたら次のようなポップアップが表示されますが、なにも変更せず(完全不透明(白)にチェックされたまま)追加をクリックします。

レイヤーマスクの追加 ポップアップ

そしたら右側のレイヤーの横になんか登場したはずです(レイヤーマスク?)。

レイヤーマスクの追加後のレイヤーツール

次は左側にあるツールボックスの「ブレンド」をクリックして選択します。

ブレンドツール

そしたらいよいよ加工に入ります。今回は「お手本.jpg」というレイヤーの右側を、左方向にグラデーションでぼかしたいわけなので、レイヤーの右端から左方向にドラッグします。

やりながらだと分かると思いますが、ぼかす範囲をドラッグ&ドロップで好きなように調節します。いろんなやり方をしてみると、様々なぼかし方ができることに気づくと思いますので、まずはやってみることが大事です。気に入らなければ上部メニューの「編集⇒ブレンドを元に戻す」をクリックすると元に戻ります。

いい感じでできたら、再び右側の「お手本.jpg」レイヤーの上で右クリック。今度は「レイヤーマスクの適用」をクリックします。すると右側に現れたレイヤーマスク?がなくなり、無事にぼかせたはずです。

完成画像

どうでしょう、最初の画像と比べてかなりいい感じに仕上がっていますよね。作業自体はものの数分で終わりますが、これをできるかできないかで仕上がりに大きな差が出ます。

特に難しい技術じゃないので、ただ「知っているか知らないか」の差が大きなものになってきますね。

まとめ

今回はGIMPでぼかす方法を紹介しましたが、これで見栄えがかなり変わるはずです。商品を売るにしても集客サイトにしても、かっこいい画像はそれだけでサイトの質を高めてくれるので、ぼくももっとGIMPを使いこなせるようになりたいものです。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る