Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

GIMP(ギンプ)で文字の縁取りをキレイにする方法

GIMP(ギンプ)で文字の縁取りをキレイにする方法

GIMPはとても高性能ながら、慣れていないと使い方が意外と難しい難点がありますよね。

ショップでは様々な画像を使うわけですが、無料といえどもGIMPさえあれば大体のことはできるはず。今回はGIMPで文字に縁取りをする方法を紹介します。

GIMPで文字に縁取りする方法

GIMPで文字に縁取りをするにはいくつかの方法があります。ぼくが知っている方法としては2種類あるのですが、どうせならキレイなほうがいいですよね喜ぶ顔。なので手間がかかるとかは考えず、タイトル通り「キレイ」に仕上がる方法を紹介します。

まずは文字を入力しよう

縁取るにはまず文字を入力しなければいけません。文字入力ツールを選択してなにか入力しましょう。

GIMPツールボックス

今回は分かりやすさ重視のため、白背景に黒文字で「もしもドロップシッピング」と入力します。

GIMP もしもドロップシッピング

このような状態から、もしもドロップシッピングのイメージカラーである青で縁取っていきたいと思います。

実際に縁取ってみる

まずは右側にある「もしもドロップシッピング」と書いたレイヤーの上で右クリックします。するとたくさんのメニューが出るので、その中から「テキストをパスに」というのをクリックします。画面上ではまだ何も変わりません。

GIMP もしもドロップシッピング

次に上部のメニューの「選択」から「パスを選択範囲に」をクリックします。

GIMP 上部メニュー

すると次の画像のような状態になったはずです。

GIMP パスを選択範囲に

「テキストをパスに」して「パスを選択範囲に」したらこのようになります。つまり今は「もしもドロップシッピング」という文字が選択されているということです。次は再び上部メニューから「選択」⇒「選択範囲の拡大」をクリックします。すると次のようなポップアップが表示されます。

GIMP 選択範囲の拡大

これは選択範囲をどれだけ拡大するかを決めるものです。GIMPでキレイに文字に縁を入れるポイントはここで、紙に書いた文字を横から目るイメージで考えると分かりやすいです。「黒いもしもドロップシッピング」という文字の下に「青くて少しだけ大きいもしもドロップシッピング」という文字を置くというイメージです(分かりにくいでしょうか…疲れた顔 )。

慣れると簡単なんですが、GIMPやそのほかの画像ソフトはいくつかのレイヤーで構成するようになっています。透明の紙に書いた何枚もの絵やテキストを好きな順番で重ねることで画像を表現するんですね。なので今回は「青いもしもドロップシッピングの文字」の上に「黒くて少し小さいもしもドロップシッピングの文字」を置くというわけです。そしたら青いほうが大きいので縁ができますよね。

数値は好きに入力していいのですが、今回は3ピクセルにしてみます。「3」と入力し右の単位が「px」になっているのを確認したら「OK」をクリックします。すると次のようになります。

GIMP 選択範囲の拡大

文字から3ピクセルだけ拡大したものを選択している状態です。そしたら今度は右側のレイヤーが表示されているとこの「背景」の上で右クリック。メニューが表示されるので「新しいレイヤーの追加」をクリックします。すると次のポップアップが表示されます。

GIMP 新しいレイヤーの追加

レイヤー名を「もしもドロップシッピングのレイヤー1」にして「OK」をクリックします(名前は自分で分かれば何でもいいです)。すると右側に新しいレイヤーができているはずです。

GIMP 新しいレイヤー

次はこのレイヤーに色を付けます。ツールボックスにある描画色をクリックします。現在黒く表示されているとこが描画色で、白く表示されているとこが背景色です。

GIMP 描画色

描画色をクリックしたらカラーチャートのようなものが出るので、もしもっぽい青を選択して「OK」をクリックします。

GIMP 描画色を選択

右側のレイヤー一覧にある「もしもドロップシッピングのレイヤー1」を普通にクリックして選択されている状態にし、上部メニューの「編集」から「描画色で塗りつぶす」をクリックします。すると色が付けられたはずです。

GIMP 描画色で塗りつぶす

上部メニューの「選択」から「選択を解除」をクリックすると点線が消えて見やすくなります。

GIMP 選択解除後

シンプルな文字ならこれで完成です。見た目は文字に縁取りが付いてるように見えますが、じつは大きさ・色の違う「もしもドロップシッピングの文字」が2枚重なっている状態です。

GIMP レイヤーの状態

このようにすれば分かりやすいですよね。黒い文字の下に青くて少し大きな文字があるので、見た目には縁取られているように見えるわけです。

で、このような方法にすることで様々な見た目にすることができます。最初の状態では文字に対して上下左右均等に3px拡大された状態ですが、少しだけ右下にずらすなどの応用が利くんです。

GIMP 縁取りの応用

こうすればまた印象も変わってきますよね。

GIMP 縁取りの応用2

ここまでずらせば見やすいかどうかは別にして、もはや縁取りというより「影」のようになっています。もちろん左や上にずらすことも可能です。

縁をぼかしてみる

今度は縁をぼかしてみましょう。ぼかしを入れることで背景と自然になじみ、文字ばかり強調される画像にならないようにできます。とりあえずレイヤーの位置を元に戻してから上部メニューの「フィルター」⇒「ぼかし」⇒「タイル化可能ぼかし」をクリックします。すると次のようなポップアップが出てきます。

GIMP タイル化可能ぼかし

半径はぼかす範囲を決めるもので、垂直・水平方向を選択できるようになっています。ぼかしタイプはそのままで、今回は半径を「5」にしたいと思います。

GIMP タイル化可能ぼかし実行後

するとこのように自然な感じでぼかすことができます。半径を大きくしたら次のように広がりのあるぼかしを表現することも可能。

GIMP タイル化可能ぼかし 半径15実行後

これは半径を「15」にしてみました。縁が広がって背景になじみやすそうになりましたね。ただ、広げると色が全体的に薄いイメージになっていくので、出来上がりを想像して最初は濃いめにしたりなど調整することも大事ですね。

GIMP タイル化可能ぼかし レイヤー移動後

もちろんこのようにレイヤーを動かして表現することもできます。

まとめ

文字で説明するととても長いですが、実際にやるとけっこうサクッと縁取りすることができます。画像のプロには及びませんが、少しでも「素人感」が消えるのでオススメ。ちなみにこれを応用すれば3重・4重の縁を作ることも簡単にできるので、「ここぞ!」という画像に応用してみてください。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る