Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ドロップシッピングで初めての売り上げを達成する方法

ドロップシッピングで初めての売り上げを達成する方法

こんにちは。管理人Tomoです。

ぼくはこのブログでTPAを購入してくれた人、TPAを購入したはいいけど、どのように進めていけばいいのか悩んでる人をメールにてサポートしております。

このブログはTPAのアフィリエイトのために記事を書いてるわけではないので、ぼくのリンクをたどって購入したかというのは気にしません。

ドロップシッピングを続けるための、情報の共有やモチベーションのアップをともにできる仲間がいたらいいなぁと思っているだけです。

そんないただいた質問の中で最も多いタイプの質問が「最初に何をすればいいのか?」というものです。

ドロップシッピングで初売上をあげる

まだ一つも商品を売ったことのない人、つまりドロップシッピングにおける初心者さんによる質問がとても多いです。

確かにTPAは幅広い情報が掲載されているので、初心者さんはどうすればいいのか分からなくなるかもしれません。

そこでぼくなりの「初売上を達成する方法」を紹介しようと思います。

ただし具体的には紹介しません。

理由は「考える力」なくては、せっかくの初売上の後に続かないからです。

最初の目標は初売上でも、それ単発では全く意味がありませんよね。

また、ドロップシッピングで稼ぐ方法論は人それぞれであり、ぼくの方法論はあくまでぼくだけの考え方であることを理解いただきたいと思います。

月商100万円を超えるシッパーさんは、みんなそれぞれのやり方で売上をあげているはずです。

初売上をあげる手順と考え方

とは言え、初心者の人にとって最も大事なことは「売れるという感覚」ではないかと感じます。

ぼくの場合、売れてない頃には「自分のショップから本当に売れるのだろうか…」と思ったのを覚えています。

そこで売り上げを出す大まかな手順と考え方を。

まずドロップシッピングでは「商品」「ページ」「集客」の3つが大事な柱になります。

売る商品を決め、販売ページを作り、アクセスを集める。

つき詰めるとこの3つに集約されるんですね。

売る商品を決める

何を売るのか、これを決めないとページの作成・ショップの作成ができません。

なので一番最初に考えることは「何を販売するのか」ということ。

商売において「選定眼」は非常に大事で、売る商品を間違えると努力と結果が釣り合いません。

いろいろ考えるべきことはありますが、初心者さんの場合「売れてる商品」を売るのが鉄則です。

売れてる商品は確実に「商品力」のある商品で「価格<商品のベネフィット」になる商品が多いです。

簡単に言うと「価格以上の価値を感じる商品」といったところです。

もしもドロップシッピングで実績の少ない商品を手探りで販売する必要は、初心者さんにはありません。

実績のある商品はもしもドロップシッピングにログインすればすぐに分かりますし、TPAにも販売すべき商品が書いてあります。

また、継続することを考えると自分の好きなジャンルの商品がおすすめです。

好きなジャンルは初めから知識がついてることもあり、知識を吸収するのも圧倒的に早く、様々な面でメリットがあります。

販売ページを作る

初心者さんの最初の壁がショップ作成ですよね。

分からない人にとってはショップ作成は敷居が高いものです。

理想は見栄えも良く、購買心理を上手についたショップですが、初めからそのようなショップを作ることはできません。

選択肢は2つです。

もしもドロップシッピングが提供してる「ショップできすぎくん」を利用するのが一つ。

TPAについてるアンドロメダテンプレートを使うのが一つ。

できすぎくんを使うメリットは簡単さです。

初心者さんの場合、できすぎくんでも詰まるときがあると思いますが、作成の難易度は低いと言えます。

デメリットはデザイン性がいまいちなのと、似たようなショップが多いので差別化しにくいという点です。

アンドロメダテンプレートを使うメリットは、見栄えがそれなりによく、慣れれば意外とサクサク作れるところ。

デメリットは使いこなすのに知識が必要で、独自ドメインの取得なども必要になります。

ちなみにぼくはアンドロメダテンプレートをいじって独自に作ったテンプレートを使っていますが、しっかり売れているのでデザイン性はおすすめです。

アクセスを集める

ここがドロップシッピングで稼ぐために最も難しいところです。

ショップを作っただけでアクセスが集まればいいのですが、そう簡単にはいきません。

また、それだけにここが最も「その人のやり方」が出る部分かもしれません。

ぼくのやり方は「集客ブログ」を作る方法です。

商品を買いそうな人が検索しそうなキーワードでブログ記事を書き、そこからショップにアクセスを流して売り上げをあげるという感じですね。

ショップだけで集客するのは難しいので、それができるなら集客ブログは必要ないかもしれません。

できなければ集客ブログを作らないと閑古鳥が鳴いてるショップになってしまいます。

もしもドロップシッピングで良く売れている商品、たとえば「亀山社中」で考えてみます。

最もシンプルな考え方は「亀山社中」「亀山社中 通販」といったキーワードで、ショップでの上位表示を狙うことです。

これができれば特に集客ブログなどなくてもしっかり売れていきます。

でもライバルも強いですし一筋縄ではいきませんよね。

そこで別の視点が必要で、ぼく流だと「亀山社中を買いそうな人の集団はどのような人か」を考えるというわけです。

例えばお花見の幹事の人は、肉の手配をしなければいけないかもしれません。

そこで「お花見の幹事が絶対にすべき15のポイント」みたいなブログを作り、記事を投稿してアクセスを集め、「通販で買えるおすすめのお肉はコレ!」と自ショップにリンクを貼るのです。

アクセスの多くは「お花見の幹事」の可能性が高く、幹事じゃなくても花見をする予定のある人の可能性が高いですよね。

その人に「このお肉は美味しくてみんな喜ぶよ!」という感じで誘導すれば、売れる可能性は高まっていきます。

また、シンプルに亀山社中について詳しく紹介するブログでもいいかもしれません。

おすすめの海水浴場を探してる人を上手く集めて「バーベキューのお肉なら亀山社中がおすすめ」と誘導したりするのもありですよね。

このように様々な視点・アイデアで亀山社中を買ってくれそうな人たちをブログで集め、ショップにアクセスを流すことで売り上げをあげることができます。

上手くいけば初売上だけじゃなく、継続的に売れるショップになってくれるはずです。

ブログは無料ブログでも良いですし、独自ドメインで展開してもいいです。

後々は独自ドメインでいろいろ展開するのがおすすめですが、敷居が高いと感じるなら無料ブログから始めてみましょう。

まとめ

初めての売り上げを目指すには、第一に好きなジャンルの商品を扱うショップを作ること。

次はそのショップにアクセスを集めること。

ショップを作っただけでは残念ですがなかなか売れません。

好きなジャンルなら集客ブログのアイデアも湧きやすく、記事も書きやすいですよね。

やってて楽しくないとなかなか続けることができないので、特に最初は好きなジャンルにこだわるのも賢いやり方と言えます。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る