Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ECサイトのSEOの落とし穴

ECサイトのSEOの落とし穴

最近の検索エンジンのアルゴリズムは、通販ショップにとってあまり良い状況に思えません。
ユーザーのニーズを満たすコンテンツが上位表示に必須となった昨今では、ドロップシッピングで作ったショップを上位に上げる難易度が高くなったように感じます。
ぼくの場合はブログからの集客がメインですが、何もショップのSEOを捨てているわけではありません。
ショップのSEOも行いつつ集客ブログでアクセスを集めるという二段構えです。
ただ、ショップのSEOはなかなか難しいです。

通販ショップのSEOが難しい理由

「ユーザーのニーズを満たすコンテンツを用意するだけで…」
「いかにユーザーの視点で考えることができるか…」
「お客様が喜んでくれるコンテンツをあらかじめ考えて…」

このようなことは様々なサイトやブログで言われています。
耳ではなく目にタコができるほど見ましたよ、ぼくは。

確かに的を得ているし、正しいことだと思う。
グーグルが目指すのはユーザー体験の向上であり、そのためにウェブサイトがすべきことはユーザーが喜ぶ素晴らしいコンテンツを用意すること。
とても美しく理想的な流れです。

ただ、ドロップシッピングにおいては「通販サイト」なわけです。
ぼくは集客ブログを作ってアクセスを集めますが、ブログじゃなくショップのSEOだけでアクセスを集めているものもあります。
最低限ショップがなければドロップシッピングでは稼げません。
つまりなんだかんだ言ってもショップのSEOを完全に無視することはできないのです。
どれだけ重きを置くかは人それぞれのやり方ですが、やはりSEOでの集客を捨てるわけにはいきません。

良いコンテンツ

ユーザーにとって良いコンテンツを置く。
すると検索エンジンが評価して上位に表示されやすくなる。
この流れは間違いありません。

ただ我々が勘違いしやすいのは、売り上げを上げるという土台だけはしっかり確保しようと考えている点。
ショップを作成するのは、稼ぐためですよね。
売れなければ作っても意味がないわけです、我々にとっては。

でも検索エンジンにとっては、あなたのショップで売り上げが伸びようが下がろうが全く関係ありません。
そんなことはどうでもいいのです。
とにかくユーザーが喜ぶと判断したサイトを順番に表示しているだけです。

この部分はなかなか難しい問題です。

デメリットを提示できないショップ

ユーザーにとって良いコンテンツをショップに置き、上位表示の可能性を高める。
このようなことを考えるわけですが、ではその商品のデメリットを全て包み隠さず提示しているでしょうか。
一つや二つは提示していても、全部を提示することはなかなかできません。

なぜなら「売れにくくなるから」です。

両面提示といって、メリット・デメリットの両方を提示することで、ユーザーはショップに信頼感を覚えます。
売るためにメリットばかり提示しているショップより、しっかりユーザーのことを考えてくれていると捉えるからですね。
ただし、だからと言って全てのデメリットを提示するのは良くないと感じます。
それでは単に「バカ正直」になってしまいます。
「人が良い」といういい方もできるでしょうか。

つまりドロップシッピングだろうが独自商品のECサイトだろうが、目的は「売るため」なんですよ。
SEOで1位に表示されることではないんですね。
SEOはあくまでも集客の一つの手段。
そう考えると、単にユーザーのためだからと言ってデメリットをバカ正直に提示することがいかに意味のない事かが分かります。

まずは売れるショップ作り、その後で集客という順番が大事です。

デメリットの提示はなかなか繊細で、デメリットの提示のすぐ後に「でも○○なので大きなデメリットにはなりません」といったフォローが必要です。
フォローなくデメリットばかり提示すると、確実に売れなくなります。
人が良いだけでは商売はできず、かといってだますわけでもなく、その辺の葛藤も含めた「ビジネス」だと思います。

デメリットを提示できないということ

ぼくはこの記事で「ショップでデメリットを伝えすぎてはダメ」ということが言いたいわけではありません。
つまり我々は「ユーザーが知りたいことを書けない理由がある」ということを理解しなければいけないのです。
それはしつこいようですが「売れないと意味がない」からです。

ではユーザーが知りたいことが書いてないということはどういうことでしょうか。
簡単です、検索エンジンからの評価が下がるということです。

検索エンジンはあなたのショップで売れようが売れまいが関係ないのです。
それよりユーザーが望む情報が載っているかだけを見ます。
ユーザーは欲しい商品のメリットだけを知りたいでしょうか。
逆にメリットだけをしりたい商品分野はあるでしょうか。
おそらくありませんよね。

人間は「成功したい」より「失敗したくない」と考える生き物です。
商品を買うことで「良かった」と思いたいのは当たり前ですが、もっともっと心の奥底には「買って失敗した」だけは避けたいという思いがあります。
つまりメリットはどのショップでも簡単に分かるので、その商品を買う事のネガティブな情報も同じくらい知りたいのです。

グーグルは天才的な人たちの集まりと聞きます。
このような心理学の初歩的なことなど確実に把握しています。
メリットばかりを載せているサイトと、デメリットも合わせて載せているサイトでは、確実に後者の評価が高いでしょう。

だからと言ってデメリットばかりを掲載しては、コンバージョン率が大きく下がってしまいます。
この辺の食い違いに気付くことが今後のショップのSEOを考えるときに重要になるのではないかと思います。

ショップの優先順位

コンバージョン率を考えずユーザーの知りたいことだけを載せれば、評価は高まるかもしれません。
逆にメリット・デメリットをバランスよく織り交ぜてコンバージョンを意識すると、検索エンジンからの評価は下がるかもしれません。
ではどっちがいいのかということになるのですが、これは正解はないのではと思います。
数字で考えたら簡単です。

前者の方法は「アクセスは集まるけどコンバージョン率は低い」ショップに。
後者の方法は「アクセスは少ないけどコンバージョン率が高い」ショップになるはずです。
もちろんこれはショップのSEOのみで集客した場合です。

月に1000のアクセスを集めれるけどコンバージョン率が0.5%なら、売り上げ個数は月に5個です。
月に500のアクセスしか集めれなくてもコンバージョン率が1%あれば、同じく売り上げ個数は5個です。
結局売り上げは同じですよね。
ではどこに差があるのかというと、ぼくは難易度・労力といった我々の作業にあると思います。

良いコンテンツを用意すれば検索エンジンからの評価は高まりますが、必ずしも上位に表示される保証はありません。
ドメインの強さや他の要素も総合的に判断されるからですね。
もちろんキーワードの難易度も大きく影響します。
つまり施策を行うのは当たり前でも、あくまで自分ではコントロールできない領域なのです、SEOは。

でもコンバージョン率を上げるのは、SEOよりはるかにコントロールしやすいと言えます。
ページの内容だけで決まるわけではありませんが、ページ内容で大きく変わることは間違いありません。
ならばまずは検索エンジンに評価されようと考えるのではなく、コンバージョン率を高めるよう努力することが先決ではないでしょうか。

ユーザーにとって使いやすいショップ、見やすさ、情報の質…。
様々なコンバージョンを上げる施策を行い、少ないアクセスでも売れるショップに仕上げるのです。
それだけでも検索エンジンの評価はある程度良いものになります。

その時点で足りないアクセス数を、もしブログで補えたらどうでしょうか。
高いコンバージョンを意識したショップと多くのアクセスが同時に実現しますよね。
これがぼく流の考え方です。

さらにそこからショップのSEOを考えます。
ただしコンバージョン率とアクセス数のバランスがとても大事。
目的は売り上げを伸ばすことにあります。
1位に表示されてもアクセスが増えても、売り上げが落ちれば全く意味がありません。
それなら動かないほうがはるかにマシなのです。

まとめ

我々は検索エンジン、とりわけグーグルの元でドロップシッピングを行う必要があります。
なのでグーグルに逆らうことはできません。

ただし最終ゴールを忘れてはいけないのです。
目指すべきは1位表示ではなく「売上」。

つまり「検索エンジン最適化」をする前に「売上最適化」を考えなければいけず、もっと言えば「報酬額最適化」を考えなければいけません。
そんな言葉はぼくも初めてですが(笑)、ドロップシッピングは上位表示させるビジネスではないということを常に意識しないと目的がブレてしまいます。

ショップのSEOは確実に行いたい施策ではありますが、どうすれば上位表示できるかを考えるより、どうすればもっと報酬額を増やせるかを考えることが大事ではないでしょうか。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る