Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

集客サイトの重要性を考えてみる

集客サイトの重要性を考えてみる

ぼくの最近の集客方法は完全に「集客ブログ」です。ショップ自体にSEOを期待していないわけではありませんが、現段階では最も効率のいい集客方法ではないかと考えています。

もちろんショップにも最低限のSEOは施していますが「上位表示できなくてもいい」というバックボーンがあると様々なメリットも出てきます。

ということで今回は集客ブログの重要性を考えてみようと思います。

集客ブログとは

別にブログでもサイトでもいいです。ショップとは別に集客媒体を作るという意味です。もちろんショップと関連しているのは当たり前で、できれば購入してくれそうな人が集まりそうなものが最適です。

手間はもちろんかかります。集客ブログの方はSEOが上手くいかなければ全く機能しないので、ある程度のマーケティングを行います。それでもぼくはこの方法が最も効率よく売り上げを伸ばせるのではないかと考えているんですね。その理由は次のようなものです。

  1. SEOが上手くいきやすい
  2. コンバージョン率が高い
  3. ショップのSEOにも一役買ってくれる
  4. 様々なキャッシュポイントを構築できる

SEOが上手くいきやすい

集客ブログはSEOが簡単です。もちろんジャンルに寄りますが、テキスト量の豊富なジャンルに特化したブログを作れば、ロングテールでも一日数百程度のアクセスを集めることができます。

このレベルなら新規ドメインでも2~3カ月ぐらいで作れます。ショップでSEOを考えるとなかなか難しいものがありますよね。特に最近の検索エンジンの動向はコンテンツ重視。

いくらショップにコンテンツを作ってもなかなか評価してもらえず、逆にコンテンツだらけの変なショップが出来上がってしまいます(実話…?放心状態の顔)。

その点ブログだと記事を増やすほどアクセスが増えるので、ある意味SEOを考えるのも少なくなります。

コンバージョン率が高い

この方法で集客している人の多くが感じていると思います。ブログを通して集客したアクセスからの成果は、検索エンジンできた人のそれよりもかなり高いです。

一般論になりますが、よくコンバージョン率は1%ぐらいが普通と言われていますよね。100アクセスで一つの成果です。でも集客ブログを介して集まったアクセスの場合、その数倍になります。

ぼくの場合は、正確な数字は出せませんでしたが2~3%が多く、エースショップでは5%ぐらいになっています。コンバージョン率が倍になれば売り上げは倍。この差は相当大きなものですよね。

なので集客ブログのアクセスは数百でも売り上げをしっかり立てることができます。もちろんブログからショップに行ってくれる人は減りますが、アクセスの質は高いと言えます。

ショップのSEOにも一役買ってくれる

自演のリンクはペナルティになると言ってやらない人がいますが、ぼくはガンガンやってます。集客ブログにもショップにも同じアカウントのアナリティクスコード張ってるので、100%バレてますがペナルティは全く感じません。

グーグルにとって悪意のある自演リンクはダメですが、閲覧者にとってありがたいと感じられるリンクにペナルティを課すことは考えられません。もちろん関連性も黙って高くなります。

気にすべきはクリック率のほうかもしれません。あまりにもクリックされないリンクは意味ありませんよね。それだとページの価値を受け渡すペナルティ対象のリンクになるかもしれません。

様々なキャッシュポイントを構築できる

集客ブログは実際に作ってみないと分からない部分がいっぱいあります。その筆頭がアクセス数であり、売り上げを伸ばせるかということです。

最低限アクセスを稼げるブログにさえすれば、アドセンスコードを貼っておけば少しは稼ぎになります。A8やアマゾン・楽天などのアフィリで最適なものがあるかもしれません。

もしもでは稼げなくても、他にキャッシュポイントを作れるので、自分の財産にすることができます。

そもそも店員の言葉は響かない

現在ではショップ自体で上位を狙う場合、今までのオーソドックスな方法では難しと言えますよね。強い被リンク元があればいいかもしれませんが、被リンクに頼るSEOは不安が多くなりつつあります。

そこでショップにコンテンツを多く掲載するのが常套手段になってきますよね。

SEOのためのコンテンツは違和感がある

本当にユーザーのためになるコンテンツとSEOのためのコンテンツは、ネットショップを利用する人は微妙に違和感を覚えるはず。一見ユーザーが知りたそうな情報に見えても、いかにもSEO目的で作られたなというコンテンツをトップページに掲載しているショップを結構見ますよね。

それではやはり調子が悪いように思います。その時点でユーザーが目的ではなく検索エンジンのためのショップです。でも集客をブログに頼ると無駄なコンテンツを作る必要はありません。本当にユーザーが役に立つコンテンツだけを掲載すればいいのです。

集客ブログは第三者目線で

ショップでいくら「おすすめです!」「効果的です!」と言っても、ユーザーには全く響いていません。単なる広告にすぎません。そりゃそうですよね。考えれば当然です。

それを少しでも解消するために集客ブログは役に立ちます。少しでも第三者目線でショップにアクセスを流すことで、高いコンバージョンが期待できるように思います。

まぁユーザーは薄々気が付いているかもしれませんね。少なからずブログを書いてる人とショップに利害関係があることを。でもブログではそれ以上に価値を提供することができます。検索した人が満足する情報を提供できれば利害関係のモヤモヤも多少は改善され、紹介されたショップで購入してくれます。

さりげなくショップを紹介する…。これが難しいんですが…。悩む顔

まとめ

今後の検索ランキングの流れを考えても、ショップとは別の集客媒体を作ることは有効な手段と言えます。ショップを作ってさらにブログも作るとなると作業量が大変ですが、ぼくの場合は地道に資産を形成していく感覚です。アクセスのないブログは全く資産にならないので、最低限アクセスを稼げるブログの構築が大事です。

もしもドロップシッピングで稼ぐためのブログページトップへ戻る